プーアル茶の基本情報

健康&スッキリな毎日をつくるプーアル茶

プーアル茶(プーアール茶・プアール茶)は、その名前が示すとおり中国雲南省西双版納(シーサンパンナ)区にあるプウアルの地名に由来するお茶です。 かつてシルクロードの通り道として栄えた雲南省がプーアル茶の原産地。古くから中国辺境少数民族の必需品で、「茶なく即病み、しばしば死亡し……(1505年)」と記録にあるほどです。ここから世界にプーアル茶が広がっていったと伝えられています。

プーアル茶ができるまで

まず摘んだお茶(大葉種)を炒って酸化による発酵を止めます。その後、水分が残ったままの茶葉を積み上げて高温多湿の場所に置きます。空気中の黒麹菌が茶葉に付くことで発酵が起こり茶葉が黒くなってできあがりです。プーアル茶の独特のカビ臭さは、この細菌が発酵したために発生するものです。

プーアル茶の「熟茶」と「生茶」の違い

プーアル茶の大きな特徴は「熟茶」と「生茶」があること。同じプーアル茶でも、人工的に発酵させることで熟茶になり、人工的に発酵させないと生茶になります。

日本でプーアル茶といったら「熟茶」

日本で売られているものの大半は熟茶で、褐色もしくは黒色をしており、さらさらとした茶葉の状態で売られています。やわらかくまろやかな味と陳香と呼ばれるやさしい香りが特徴で、ふわっとした甘い後味(回甘)が残ります。

なお、日中貿易で販売している「ぷうあるちゃ」はこの熟茶になります。

日本ではあまり目にしない「生茶」

日本ではほとんど売られていない生茶は、ブロック状に固められています。茶葉の色は白から茶色まで熟成度によって異なり、何年も熟成させたものは特に価値が高いとされています。
生茶はさっぱりとした口当たりにはじまり、次第に苦みと甘みが相まった繊細な味になるのが特徴。熟成させたものは苦みが少なく、まろやかな味になります。

日本で販売されているものの大半は熟茶で、苦みの少ないまろやかな味が親しまれています。

プーアル茶の美味しい飲み方

1袋で2リットルペットボトルと同じ量のプーアル茶を!

ご家庭で簡単に煮出してお飲みいただける「ぷうあるちゃ」は、美味しさはもちろん便利で使いやすく、経済的なのがポイントです。ティーバッグと茶葉の両タイプを販売しておりますが、特に便利なティーバッグは1袋で2~3リットルものお茶を煮出せるのが特徴。2リットルあたり約50円計算となりますので、ペットボトルのお茶を買い続けるよりも家計にやさしい「ぷうあるちゃ」をぜひご家庭で作り置きしていただき、 ご家族全員でお気軽にお飲みください。

茶葉をご使用の方

茶葉をご使用の方
  • 013g(適量)のぷうあるちゃを急須に入れる。
  • 02熱湯を飲む量だけ注ぎ、湯呑みにつぎ分けてください。
  • 03色が出る間は、何回でもおかわりできます。

ティーバッグ(5g)をご使用の方

ティーバッグ(5g)をご使用の方
  • 012~3リットルの水を沸騰させ、火を止めた後にティーバッグを1袋入れましょう。
  • 02 10~15分後にお飲みください。
    ※ お好みにより、お茶を煮出しても構いませんし、ティーバッグを取り出していただいても問題ありません。

※熱湯の取り扱いには十分ご注意ください。
※電気ポット内など熱湯内で長時間(2時間以上)放置しますとティーバッグのシール部がはがれるおそれがあります(抽出後はなるべく早くティーバッグを取り上げてください)。

こんな時飲み方もオススメです!コーヒー、牛乳などに混ぜても美味しくいただけます。